Image by Sébastien Goldberg

日本未流通
自家採取マヌカ軟膏

Kate New Zealandはこの軟膏の海外お取り寄せをお手伝いするために設立されました。

M025 new pot latest HR.jpg
M025 new pot latest HR
M025 new pot latest HR

press to zoom

press to zoom

press to zoom
M025 new pot latest HR
M025 new pot latest HR

press to zoom
1/5

デビッドさん2週間の回復記録
 

子どものころからアトピー肌に悩み続けてきた私、Kateを救ってくれたニュージーランドのマヌカハニーの養蜂場が作ったマヌカハニーアピ軟膏。この素晴らしい自然の恵みから生まれた軟膏は日本で入手することはできません。そのため私Kateはこのサイトを立ち上げて皆さまのお手元に航空便でお届けする活動を行っております。

手を酷使する農家、機械技術工、裸足で生活する地元の方々のひび割れた手、かかとの皮膚をマヌカハニーの潤いと蜜ろう吸着力でしっかりと修復します。

​この写真は重篤な手湿疹を患っておられたニュージーランドのデビットさんの2週間の回復記録です。1日3回軟膏を使用。

当サイト運営Kateの10日間の回復記録
 

​当サイトを運営している私自身はかゆみを伴う乾燥性アトピー性皮膚炎に苦しむ毎日を過ごしていました。私自身がマヌカハニーアピ軟膏に助けられた等身大の10日間回復記録を公開いたします。

アピ軟膏
ステロ使用中

ステロイド剤服用とステロイド軟こうの併用で極度の乾燥とかゆみの状態から抜け出したところ。

アトピー首

乾燥による引きつれ感、極度のかゆみによる苦しみが日常的に続く状態。

ステロイド停止

ステロイド使用を停止すると乾燥、かゆみに再び悩まされるという悪循環の毎日。

マヌカハニー

アピ軟膏使用でかゆみに起こされることなく、初めてぐっすり熟睡。

アピ軟膏

朝起きてすぐ、夜お風呂上りに薄く軟膏を塗布。それ以外の時は鎮静ジェル、マヌカ30%クリームを併用を続けること10日。

アピ軟膏翌日

乾燥、かゆみがぴたりと止まり、熟睡できた翌日の写真。重度の乾燥状態がすでに回復の兆しを見せている。

10日後

使用開始10日後。乾燥、かゆみから完全に回復したのでアピ軟膏の使用を手、かかと、ひざなどに限定し、首、顔は鎮静ジェル、ナイトクリームへ徐々に移行。

マヌカジェル

マヌカハニー、アロエなど自然の恵みがスーッとかゆみをやわらげ傷んだ皮膚の回復を助ける。

マヌカの​ちから

自家製蜂蜜

​マヌカハニーアピ軟膏はステロイド、ヒルドイドなどの化学薬品を使用することなくかゆみを伴う極度の乾燥状態にある皮膚を自然の力で潤します。

 

ニュージーランドの養蜂家チャールズさん自家栽培の蜜ろうがぴったりと皮膚に吸い付き乾燥を防ぎ、マヌカハニーが自然の力でしっかりと傷んだ皮膚を修復します。

​成分などすべての配合はチャールズさんの奥様であるパメラさんにより行われ、すべての工程がご夫妻の目の行き届く小さな作業場で行われている安心の軟膏です。